2023年01月16日

不動産屋と建築屋の領域


こんにちは!
SIMPLENOTE盛岡南スタジオです家

2023年スタートしましたねexclamation
今年はマイホームが欲しいなと考えている方は
ぜひこのブログで家づくりについて勉強してみてくださいわーい(嬉しい顔)

FLAT (外観).jpg

土地を決める時は、
自分たちだけで判断すべきでもなければ、
不動産屋さんに相談すべきでもありません。

というのも、あなたも不動産屋さんも
建築のプロではないため、
その土地が予算的にも建築的にも
いい土地かどうかがハッキリと分からないからです。

つまり、土地の良し悪しは、
建築とセットで考えないといけないというわけですね。

ということで、
今回は家づくりをするにあたって
まずはじめに考える『土地選び』についてお伝えしていきたいと思いますexclamation


では、建築会社に相談しないまま
土地を決めてしまった場合、
一体どういうことが起こってしまうのか、
具体的にお伝えしていきたいと思います。

︎無茶苦茶予算オーバーする!?


まず、一番みんながやってしまう失敗が、
土地にお金を使い過ぎてしまうことですどんっ(衝撃)
結果、肝心要の建築の予算が減り、
あなた自身も困るし建てる側の建築会社も困ります。
あるいは、建築コストも抑えなかったとしたら
住宅ローンにそのしわ寄せが来てしまいます。

ゆえ、家を建てることを決めた時、
真っ先に不動産屋に行くのではなく、
その前に建築会社に行って、
土地にかける予算がいくらなのか
試算してもらった上で、土地探しを始めてもらえたらと思います。

この流れで土地探しを始めた場合、
もしかしたらあなたが望んでいるような土地を
買うことが出来なくなるかもしれません。
一般的にいい土地だと言われている
「南向きの土地」や「形がいい土地」などです。

しかし、設計とは、
『土地が抱える問題を解決する手段』です。

言い換えると、家は土地の環境に合わせて
間取りや外観をつくっていくものであるため、
たとえ日当たりが悪そうな土地だとしても、
設計次第で明るくて開放的な家をつくることも出来れば、
たとえ形が悪い土地だとしても、
土地に合わせて設計さえ出来れば
とっても住みやすい家をつくることも出来るということですぴかぴか(新しい)

なので、土地を選ぶ時は、
必ず建築屋さんに土地を見てもらい、
土地の良し悪しをアドバイスしてもらってください。
これが予算に支障を生じさせない最良の方法です手(チョキ)

︎予期せぬ費用が発生するリスクがある!?

続いて起こりがちなことが、
『そんなの聞いてなかったよ・・・』的な
予期せぬ出来事が発生してしまうことですたらーっ(汗)

例えば、土地の値段が安かったとしても
境界が不明解な場合、
境界確定をしないといけないのですが、
契約上その費用負担を
あなたがしなければいけないとしたら、
予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。

あるいは、水道が引き込まれておらず、
その工事費用が別で必要だと分かっていたとしても、
前の道路にも水道がなかった場合、
途方もない費用が発生してしまい、
予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。


なので、そんな事態を招かないためにも
先に建築会社を決定しておくことをオススメしていますひらめき
理由は、任せてくれるかどうか分からない状態では、
建築会社もこういった土地に関しての
細かい調査をしてくれる専門業者さんに
仕事(調査)を依頼しにくいからですあせあせ(飛び散る汗)

建築を任せてくれることが決定していれば、
きっと具体的なプランに入る前に綿密に土地について調査し、
その費用も考慮した上で建築予算を導き出してくれるでしょうし、
その予算に合わせた聞き取りやプラン提案をしてくれるはずでするんるん

とにかく、家づくりで大事な予算で失敗しないためにも、
土地と建物を分離して考えないこと、
そして、建築会社に土地を見てもらっていない状態で、
土地を決定しないようにしていただけたらと思います。


・SIMPLENOTEのお家が気になるという方
・家づくりを考え始めた方
・土地探しに難航している方    

ぜひ一度SIMPLENOTE盛岡南スタジオにご相談くださいわーい(嬉しい顔)
お問い合わせはこちら

posted by SN at 09:51| Comment(0) | 日記

2022年09月23日

45坪の土地に建つ家

こんにちは!
SIMPLENOTE盛岡南スタジオです喫茶店

さて。
今回は前回より土地の広さを5坪小さくし、、
45坪の土地に建てることが出来る家
についてお伝えしていきたいと思います。


IMG_5075-Edit.jpg


今回も前回同様に、
「家の周囲には約10坪の余白が必要だ」
「車1台につき約4.5坪必要だ」
という2つの前提条件をベースに
考えていってみますね車(セダン)


︎駐車スペースが3台必要な場合

この場合、駐車スペースには、
4.5坪×3台=13.5坪必要となります。
そして、これに10坪の余白を足すと23.5坪になるので、
45坪から23.5坪を差し引いた21.5坪が、
建てられる家の1階部分の最大面積となります。
そして、これを帖数に換算すると、
21.5坪×2=43帖となります。

では、前回同様、
玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、
玄関ホールに1帖、LDKに16帖、
トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、
脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、
階段に2帖必要だと仮定して、
残りの16帖をどうつくるのかを
考えていってみましょう。

仮に、1階に寝室を配置するとして、
この部屋の広さを6帖にすると、
残りは10帖ですね。

そして、寝室付近に
3帖のウォークインクローゼットを
つくるとしたら残りは7帖となります。

また、この収納とは別に、
2帖の玄関収納と2帖のパントリーをつくるとしたら、
残りが3帖となるのですが、
こうなれば、この3帖を
「中庭」に充てても良さそうですよねわーい(嬉しい顔)

土地の形にもよるものの、
車を3台とめるとなると、
ざっとこんな感じになります。
(この場合、子供部屋は必然的に2階になります家

︎駐車スペースが2台でいい場合

駐車スペースが2台でよければ、
1階の面積を9帖(4.5坪)
広げることが出来ます。

となると、寝室に加えて子供部屋も
1階につくることが出来るのですが、
そうなれば必然的に平屋となり、
結果、階段がいらなくなるため、
9帖に2帖をプラスした11帖を
子供部屋に使うことが出来ます


子供部屋を2部屋つくるとしたら、
それぞれ収納も含めて
5,5帖ずつの部屋というわけですね。

まっ、要するに、
駐車スペースが2台でよければ、
45坪の土地でも、
「平屋」を建てることが出来る

ということですねぴかぴか(新しい)

もちろん、土地の形や周囲の環境にもよるし、
建ぺい率による制限もあるので、
絶対というわけではないですけどね。
あくまで、可能性として、
捉えていただければと思います。


いかがでしたか?

結論としては、
理論上は45坪広さがあれば、
置く車の台数や土地の形状によっては、
平屋を建てることも出来ますが、
たいていの場合、
寝室や子供部屋を
2階に配置するようになるんじゃないかな
と思います。

ということで、もしあなたが
確実に平屋を建てたいとお考えであれば、
50坪以上を目安として、
土地選びをしていただければと思いますムード

SIMPLENOTEは、
その土地の特徴に合わせてプランニングしますかわいい

お問合せはこちらからメール
posted by SN at 10:48| Comment(0) | 日記

2022年09月22日

50坪の土地に建つ家

こんにちは!
SIMPLENOTE盛岡南スタジオです眼鏡

今回は「50坪の土地」について
お伝えしていこうと思います。

販売されている土地面積の中で
最も比率が高いのが「50坪」ですが、
この広さの土地に建っているお家の
大半が2階建てです。

ですが、50坪の土地には
土地の形状や建てる家の大きさ次第で
平屋を建てることもできるので、
ぜひ最後まで読んでみてくださいわーい(嬉しい顔)


FLAT2028E5A496E8A6B329-24b26.jpg


まず、
「家の周囲には約10坪の余白が必要」と、
「車1台につき約4.5坪必要」という
2つの前提条件をベースとして、
一緒に考えていきたいと思います。


︎車を4台置きたい場合

仮にあなたにお子さんが2人いたら、
子供たちが大きくなり
車を持った時のことを考えて、
車を4台置けるようにしたいと
お考えになると思います。

となると
4.5坪×4台=18坪+10坪=28坪が
50坪から差し引かれることになるので、
残りの22坪が、建てられる家の
1階部分の最大面積
となります。
そして、これを帖数に換算すると、
22坪×2=44帖となります。

では、
玄関ポーチに1帖、玄関に1帖、
玄関ホールに1帖、LDKに16帖、
トイレ、洗面にそれぞれ1帖ずつ、
脱衣、風呂にそれぞれ2帖ずつ、
階段に2帖必要だと仮定して、
残りの17帖をどうつくるのかを
考えていってみましょう。

この場合、オススメなのは
子供部屋を1階につくることですひらめき
2階よりも1階にあった方が、
子供たちが自分の部屋を使いやすいからです。

結果、リビングやダイニングに
子供たちのものが散乱しにくくもなりますわーい(嬉しい顔)

いわばこの部屋は、子供部屋兼、
セカンドリビング兼、子供のもの収納、
という考え方ってわけですね。

なので、まずは子供部屋に
9帖使うと仮定しましょう。
4.5帖×2室ですね。

となると、残りは8帖となるのですが、
これを全て収納スペースで使うのか?
あるいは、収納スペースを減らし
中庭を設けるようにするのか?
ということになります。

仮に、中庭を4帖つくるとしたら
収納スペースは4帖であり、
仮に中庭をつくらないとしたら
収納スペースを8帖分
つくることが出来るという感じです。

ただし、中庭を作らない場合は、
採光やプライバシーの担保を
別の方法で補わないといけませんけどね。

︎車は3台でいい場合

駐車スペースが1台減れば、
家に使うことが出来るスペースが
先程より9帖分増えますぴかぴか(新しい)

となると、2つの選択肢が出てきます。
1つは、2階建てのままで
1階の収納を充実させながら、
もっと広い中庭をつくるという選択肢。

そして、もう1つは、
寝室も1階につくり平屋にする
という選択肢です。

平屋だと階段がいらなくなるので、
先程の9帖に階段の2帖を合わせた11帖を、
寝室や収納といったスペースに
使うことが出来るようになりますexclamation

仮に、寝室に6帖、
寝室のクローゼットに3帖としたら、
もう2帖分は、子供部屋の収納や
あるいは別の収納として
使うことが出来るというわけですね。


︎車が2台でいい場合

そして、もう1台駐車スペースが減れば、
さらにもう9帖分、
家を大きくすることが出来ますexclamation×2

とはいえ、この場合建築基準法によって
その地域ごとに建てられる建物に制限があり、
建ぺい率が60%で指定されているとしたら、
(ざっくり1階としてつくれる大きさの限度です)
50坪×60%=30坪までしかつくれないので、
30坪=60帖がこの土地でつくることが出来る
最大の大きさ
ということになります。

でも、先程よりもさらに7帖分
家を大きくすることが出来るので、
その分、ゆとりを持って
設計をすることが出来ますよね。

まっ、そうは言っても、
同時にコストのことも
考えなければいけないので、
単純に家を大きくしたらいいって
わけでもないんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

というわけで、
土地が50坪あれば
平屋という選択肢もあるんだよということを
ぜひ覚えておいていただけたらと思いますわーい(嬉しい顔)


SIMPLENOTE盛岡南スタジオでは、
土地探しのお手伝いもさせていただいております目
その他、お家に関するご相談はこちらからメール
posted by SN at 10:59| Comment(0) | 日記