2023年01月16日

不動産屋と建築屋の領域


こんにちは!
SIMPLENOTE盛岡南スタジオです家

2023年スタートしましたねexclamation
今年はマイホームが欲しいなと考えている方は
ぜひこのブログで家づくりについて勉強してみてくださいわーい(嬉しい顔)

FLAT (外観).jpg

土地を決める時は、
自分たちだけで判断すべきでもなければ、
不動産屋さんに相談すべきでもありません。

というのも、あなたも不動産屋さんも
建築のプロではないため、
その土地が予算的にも建築的にも
いい土地かどうかがハッキリと分からないからです。

つまり、土地の良し悪しは、
建築とセットで考えないといけないというわけですね。

ということで、
今回は家づくりをするにあたって
まずはじめに考える『土地選び』についてお伝えしていきたいと思いますexclamation


では、建築会社に相談しないまま
土地を決めてしまった場合、
一体どういうことが起こってしまうのか、
具体的にお伝えしていきたいと思います。

︎無茶苦茶予算オーバーする!?


まず、一番みんながやってしまう失敗が、
土地にお金を使い過ぎてしまうことですどんっ(衝撃)
結果、肝心要の建築の予算が減り、
あなた自身も困るし建てる側の建築会社も困ります。
あるいは、建築コストも抑えなかったとしたら
住宅ローンにそのしわ寄せが来てしまいます。

ゆえ、家を建てることを決めた時、
真っ先に不動産屋に行くのではなく、
その前に建築会社に行って、
土地にかける予算がいくらなのか
試算してもらった上で、土地探しを始めてもらえたらと思います。

この流れで土地探しを始めた場合、
もしかしたらあなたが望んでいるような土地を
買うことが出来なくなるかもしれません。
一般的にいい土地だと言われている
「南向きの土地」や「形がいい土地」などです。

しかし、設計とは、
『土地が抱える問題を解決する手段』です。

言い換えると、家は土地の環境に合わせて
間取りや外観をつくっていくものであるため、
たとえ日当たりが悪そうな土地だとしても、
設計次第で明るくて開放的な家をつくることも出来れば、
たとえ形が悪い土地だとしても、
土地に合わせて設計さえ出来れば
とっても住みやすい家をつくることも出来るということですぴかぴか(新しい)

なので、土地を選ぶ時は、
必ず建築屋さんに土地を見てもらい、
土地の良し悪しをアドバイスしてもらってください。
これが予算に支障を生じさせない最良の方法です手(チョキ)

︎予期せぬ費用が発生するリスクがある!?

続いて起こりがちなことが、
『そんなの聞いてなかったよ・・・』的な
予期せぬ出来事が発生してしまうことですたらーっ(汗)

例えば、土地の値段が安かったとしても
境界が不明解な場合、
境界確定をしないといけないのですが、
契約上その費用負担を
あなたがしなければいけないとしたら、
予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。

あるいは、水道が引き込まれておらず、
その工事費用が別で必要だと分かっていたとしても、
前の道路にも水道がなかった場合、
途方もない費用が発生してしまい、
予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。


なので、そんな事態を招かないためにも
先に建築会社を決定しておくことをオススメしていますひらめき
理由は、任せてくれるかどうか分からない状態では、
建築会社もこういった土地に関しての
細かい調査をしてくれる専門業者さんに
仕事(調査)を依頼しにくいからですあせあせ(飛び散る汗)

建築を任せてくれることが決定していれば、
きっと具体的なプランに入る前に綿密に土地について調査し、
その費用も考慮した上で建築予算を導き出してくれるでしょうし、
その予算に合わせた聞き取りやプラン提案をしてくれるはずでするんるん

とにかく、家づくりで大事な予算で失敗しないためにも、
土地と建物を分離して考えないこと、
そして、建築会社に土地を見てもらっていない状態で、
土地を決定しないようにしていただけたらと思います。


・SIMPLENOTEのお家が気になるという方
・家づくりを考え始めた方
・土地探しに難航している方    

ぜひ一度SIMPLENOTE盛岡南スタジオにご相談くださいわーい(嬉しい顔)
お問い合わせはこちら

posted by SN at 09:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: